日本アロマセラピー学会とは?

看護師美容整形求人TOP >> FAQ >> 日本アロマセラピー学会とは?

日本アロマセラピー学会とは?

アロマテラピー資格は、民間の資格が殆どなので、全国的に通用する資格というと判断が難しい点があります。ただし、看護師さんが多く取得するアロマ資格としては、日本アロマテラピー学会のものがあります。日本アロマテラピー学会認定看護師、という資格をもっているのは、この学会だけです。

アロマテラピー資格は、まだどちらかといえば、リラクゼーションやストレスリリーフ、美容関係といったサイコアロマテラピーやエステティックアロマテラピーなどが主な部分となっており、メディカルアロマテラピーはまだまだ日本では進んではいません。しかし、これから医療関係でもアロマが採用されていくことは当然の流れになっており、その点、医療関連の資格としてのアロマテラピーの資格というと、日本アロマテラピー学会のものが一番、看護師には適しているものと思います。

医療資格と、アロマ資格が関連していれば、使い勝手も良いので、なるべく看護師さんは、この日本アロマテラピー学会の資格を取得しましょう。この資格を取得するには、日本アロマテラピー学会が主催する総会等のイベントに参加します。それによって、55点以上の出席点数を取得します。そのなかで既に看護師、准看護師、保険師は、看護師研究会主催のセミナー、「アロマテラピー基礎理論」「アロママッサージ基礎」のセミナーを受けるのが必須です。

認定看護師の資格を取得するには、日本アロマテラピー学会の正会員になり「基礎セミナー」を受講し、その後、「JSA基礎認定試験」を受けます。JSA基礎認定試験をパスして、所定の手続きをとれば、晴れて日本アロマテラピー学会認定看護師になれます。

日本アロマテラピー学会認定看護師は、患者さんの好みや症状、それから気分にあわせて精油を選んで、マッサージやトリートメントをしていきます。患者さんが治療や療養生活において、陥ってしまうストレスや、辛さをすこしでも緩和するために、勤めていくことになります。

まだこれからの資格ですが、この資格を生かして、アロマテラピー教室をしたり、サロンに勤めたりすることも可能です。こうした美容関係の仕事に従事することになっても、看護師の資格は有効だと思います。IFA認定アロマテラピストを持っている事で、将来がずっと大きく広がることでしょう。

フェイシャルトリートメントで、皮膚や顔面麻痺の患者さんを救ったり、またはお年寄りやガンで闘病している方の体のマッサージやリフレクソロジーなどで、体の負担を楽にしたり、看護師がアロマテラピー資格をもつことで、できることは沢山あるのです。

アロマ関係の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※アロマ関係>求人ガイド All Rights Reserved.