アロマ関係の看護師に資格は必要?

看護師美容整形求人TOP >> FAQ >> アロマ関係の看護師に資格は必要?

アロマ関係の看護師に資格は必要?

アロマテラピーは、西洋のハーブから抽出して出来るエッセンシャルオイルを用いて、健康や、リラクゼーションに利用する方法です。ヨーロッパなどで民間療法として用いられてきた長い歴史があり、西洋では医学的治療、介護や、看護の場面で使われることがある。副作用の少ない治療法です。またストレスリリープや、人間の本来もっている、自然治癒力や免疫力を活性化するなどの作用で、いまは日本でも広く浸透するようになりました。

ただし、西洋では医療行為として成り立っていても、体の代謝系に大きな負担がかかる場合があることや、本当の効能などが化学的に実証されていないため、本格的に日本の医療現場で用いられることは稀です。ただし、ストレスリリーフやリラックス効果があるものとして、副次的に用いることがあるようです。

日本でも薬草、ハーブを用いて治療や滋養強壮、健康などに役立てることは広く行われていましたし、生薬などは、薬草、つまり日本のハーブが原料になっていることが殆どです。でも、西洋のようにアロマテラピーが医療行為として認められている訳ではないので、看護師のような医療従事者がアロマの資格をもっていても、専門職として就職、転職できるかというとそれは範囲が限られます。

たまたまアロマテラピー療法などに積極的な医療機関や、アロマスクール、またアロマテラピーを行っているエステ施設などで、看護師の資格のプラスα的な位置づけで評価や給料に反映してくることもありますが、もし専門のアロマテラピストとして活躍したい場合は、医療機関に勤めるというよりも、むしろ趣味や美容関係の仕事のほうが簡単で、幅広く転職活動ができるかもしれません。

様々な民間団体等で、アロマテラピー資格が存在しますが、国家資格的なものはまだありません。資格を持っていると、趣味やエステ、マッサージやリラクゼーション施設で就職には有利に使われ、介護施設や、終末医療、訪問看護などの場合では、医療機関でも使われます。

ただし、日本アロマテラピー学会などの設立や、アロマを健康に、また美容に積極的に取り入れていく姿勢、またより副作用が少なく、自然な形で治療をすすめていきたいと希望する人が増えたことから、アロマテラピー療法に注目し、医療にも活用しようという動きが活発です。

いますぐにアロマテラピー資格が転職に役にたつ訳ではありませんが、将来的には大きなスキル、使える資格になるかもしれないので、興味のある人は知っておいてよい、研究する価値のある勉強、知識なのは確かです。資格を持っていても、持っていなくても、即座に仕事に反映するチャンスはいまのところ、多くはありません。

アロマ関係の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※アロマ関係>求人ガイド All Rights Reserved.