医療とアロマテラピーの関係とは?

看護師美容整形求人TOP >> FAQ >> 医療とアロマテラピーの関係とは?

医療とアロマテラピーの関係とは?

日本でも既に江戸時代から、蘭方として用いられてきたアロマテラピー。本格的にアロマテラピーが日本に入ってきたのは、1980年代、ポプリが流行しだしたころからです。その後、エステブームなどがあり、そのときに、美容法、健康法としてのアロマテラピーが定着しました。日本でのアロマテラピーは、イギリス系とフランス系があり、もともとはイギリス系の美容法として入ってきて、いまはフランス系の医療への活用が模索されているところです。

イギリス系の美容術は、施術者の殆どは医療資格を持たないために、医療行為とは認められません。しかし、フランス系の医療行為も含めたアロマテラピーは、医療機関でも使われている、しっかり医療行為として、資格として認められたもので、日本でもどんどん広がり、アロマテラピーを使った治療が民間レベルでどんどん広がっていっています。日本では、補完、代替医療としてのポジションですが、それでも最近は、民間のアロマテラピー資格などを取得して、熱心にその啓蒙につとめている人もいます。

ストレスリリーフやリラクゼーションなどの方法として、使われていることが多いようですが、アロマテラピーは、沢山の用法があり、なおかつ副作用が少ない療法なので、これからの将来、活用の場が広がることが予想されます。ですから看護師など、医療関係者がアロマテラピーの資格をもっていたり、勉強したりすることは正しい方向性だと思います。ただし、偽物の廉価なアロマオイルを取り扱ったり、怪しい民間療法を教えている教室もあるので、学ぶ場所には注意したほうがいいでしょう。

看護師の資格をもちながら、アロマ、リフレ、フットケアを学べば、介護や患者さんとのコミュニケーションに活かすことができますし、緩和ケアとしてのマッサージ、整体などを行う医療機関なども増えています。自分も何か専門的な知識が欲しいと思っている看護師さんの場合は、このようなアロマ資格にチャレンジしてみてはと思います。

代替療法として、知識があれば、自分や家族、また友人や患者さんまで気分をリラックスさせ、体調のケアなどにも役立てることができる、日常生活でも活用できる資格です。美容皮膚科や美容外科、エステ業界で働けるチャンスも広がっています。

病は気からともいいます。ストレス社会と呼ばれる現代では、心の状態が、体の様々なトラブルとして出てきてしまうことがあります。また、肌の炎症を押さえたり、アレルギー防止など、ハーブには様々な効能があることが知られており、薬を使わない、副作用の少ない方法として見直されつつあります。

ホメオパシーなど、自分の免疫力や治癒力を活性化させ、治療をすすめる方法ブレイクしているように、これからもアロマが、現代医療に応用される機会はどんどん広がっていきそうです。

アロマ関係の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※アロマ関係>求人ガイド All Rights Reserved.