日本と海外のアロマ医療の違いとは?

看護師美容整形求人TOP >> FAQ >> 日本と海外のアロマ医療の違いとは?

日本と海外のアロマ医療の違いとは?

まだ、医療現場でアロマテラピーを積極的に導入しているところは少ないです。でも将来的にみて、確実に増えていくことでしょう。だからこそ、いまからアロマテラピーの資格を取得して、将来のニーズを叶えるために、知識と経験を蓄えていくのはキャリアとして繋がっていくに違いありません。

すでにフランスなどで、医療行為として行われているアロマテラピーですので、これから日本にも広く採用されることが予想されます。すでにホスピスや老人介護保険施設、老人ホーム、訪問看護の現場で、マッサージやトリートメントとして行われている、緩和ケアの一環として行われていることがあります。

とくに最先端のケアを導入している医療機関では、当然のように行われている、アロマ治療、アロマテラピーです。身体的な治療というよりは、精神的なケアの一つとして、行われていることが多いです。

これからは、薬や医療行為だけではなく、患者さんの精神面をしっかりとケアすることが医療現場では必要となります。その精神面の治療の一環として、アロマテラピーを利用しようとしているところが増えているのです。

医療の一環として行うときには、信頼できるアロマテラピー資格をもっている看護師などが治療や処置を行うことがほとんどで、もしアロマの心得がある看護師さんなら、就職や転職のときに、その資格を高くかってくれる所を見つけたほうが自分の能力を最大限に活かせることでしょう。

アロマ資格を持つ看護師の就業先として一番多いのが、いまのところ在宅医療、終末医療、ターミナルケアを行っている医療施設などでの採用が多く、そうした医療機関では何人かのアロマ資格をもった看護師を抱えていることがあります。

看護師といっても、最近は海外に留学している人や、海外で働く人も増えているので、海外でのアロマテラピスト資格や経験を活かして転職しようという人が多いです。その受け入れ先も日本では増えてきているので、アロマの魅力をどんどん伝えて、日本の医療の一つの形として、紹介者としての役割を担っていただきたいとも思います。これから必要な医療ケアの一つである、アロマテラピーを広く人々に浸透させていただきたいものです。

アロマ関係の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※アロマ関係>求人ガイド All Rights Reserved.