アロマ関係の資格を取るには?

看護師美容整形求人TOP >> FAQ >> アロマ関係の資格を取るには?

アロマ関係の資格を取るには?

アロマ資格にいまのところ日本の国家資格はありません。すべて民間の資格になります。また、アロマテラピーは、海外から発生した治療法、リラクゼーション方法なため、日本の資格ではなく、海外資格を本格的に取得する人もいます。いまのところ、どの方面にも通用する万能資格はないようですが、それでもアロマテラピーの資格として、有力なものをいくつか紹介しましょう。

アロマテラピーの資格を取るには、その資格を管轄している団体や、経営しているスクールなどに通って、資格取得を目指すのが早道です。場合によっては、通信講座等で受講できますので便利です。まずはどの資格を受講するのか考え、最適な資格を選びましょう。

まずは、英国IFPAが認定している、国際プロフェッショナルアロマテラピスト連盟のIFPA認定アロマテラピストがあります。アロマテラピーが世界一盛んで歴史のある国での資格だから、これからエステ業界や、ストレスリリーフ効果、また医療ケアに資格を活かしたいと考える人におすすめです。

また、これからマッサージやリラクゼーション療法を中心に学びたい人は、Dr.Vodder’sマニュアルリンパドレナージュMLDの、MLDベーシックセラピストなどはいかがでしょう。緊張や痛み、炎症、の緩和や鎮静、免疫力向上や様々な治療に効果があります。幅広い範囲で利用できるスキルとなります。また、ほかにDr.Vodder’sの認定する、MLDセラピー1セラピストもあります。リンパドレナージュのスキルアップし、より高度な技術を身につけたい人におすすめです。プロになるには、基本コースとこのアドバンストコースの受講がすすめられます。

日本の団体のアロマテラピー資格というと、AEAJ認定アロマセラピーアドバイザーがあります。アロマテラピーの正確な知識と、それを伝える能力を有することを証明するため熨資格です。その上、アロマテラピーのインストラクターになりたい場合には、AEAJ認定アロマセラピーインストラクターの資格が良いでしょう。プロとしての知識、健康学、解剖学なども同時に学ぶことができます。ただし、既に看護師の資格を持っている人にとっては、基本知識はあるために、そう難しい資格でもないと思います。

AEAJ認定アロマセラピストは、AEAJの資格のなかではもっとも難易度が高い資格となり、精油30種類の精油、アロマ知識など細かい部分までの専門知識が必要で、健康学、解剖学など、体も構造についての十分な理解が大事です。取得まで長い時間がかかるので、アロマの仕事に就きたい、仕事として活かしたい、アロマ講師になりたい人におすすめの資格です。

看護師さんのためには、日本アロマテラピー学会認定看護師、IFA認定アロマテラピストなどの資格もあり、認定団体に正会員として加入し、そこで必要なイベントや講習を受けると、認定を受けることができます。看護師資格を持つ人にとっては、こちらの資格が使い勝手もよく、早く取得できるでしょう。

アロマ関係の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※アロマ関係>求人ガイド All Rights Reserved.